スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

先日より何かと多忙になり、思い切って一旦ブログの更新を控えておりましたが、

まずはその間ご訪問いただいた方々へ深謝いたします。


こんな他愛もない記事ですが、文章の稚拙さから1本書くだけでも

数時間要してしまいます(下書きから校正等の見直しも含める)。


今回立ち止まる時間を得た事により、恐らく多くのブロガーの方々が

一度はぶつかる壁のようなものかはわかりかねますが、

ブログを始めた際の本来の目的と現在のポジションを比較したり

仕事や家庭とのバランスの取り方、また発信が一方的になっていはいないか

アップの頻度を保つことが先優先となっていないか等を考慮する良いきっかけとなりました。


本業ではないブログの運営方法は様々ですが、やはり自分の場合は

自分の考えを押し付けず、読み手の方々にとって何らかの形で役に立つ

記事をアップしていきたいのではないかと思いました。


まだ考えが100%まとまっておりませんので、今後の更新についてハッキリと

お伝えすることができません。

現在に至るまでのネタもまだまだございますので、模索しながらになりますが

アップすることもあると思います。

その際にもしお時間があられましたらお読みいただけますと幸いです。


以上、長くなりましたが、皆様への感謝の意を表すると共に、

ご連絡に代えさせていただきたいと思います。


I wish you all the best for your good health and continued success!!

Vicky
スポンサーサイト

ますます

さて無事プライバシーも確保でき、後はこれまでの疲れを取るべく

ゆっくりと体を休める事に専念できるというものである。


まずは課長の部屋を探し当て、とっとと自分の部屋へ行きかけたところ

「うゎ~お、っちょちょっと中見てくださいよ!」

と、ものすごい勢いで引き止められ、仕方なく中へ。


まず、部屋が2部屋あり、広めのベッドルームへ足を踏み入れると

そこに鎮座していた最低でもクイーンサイズはあろうかという

ベッドの上にはこれでもかという数の品のよいクッションが。


余談であるが、たまに滞在人数に対しておよそ2~3倍のクッションや枕が

シルク系の手触りの良いベッドカバーの上や中に備え付けられていることがあるが

いつも最終的には1つしか使わないため、残りは朝気づくと床の上に転がっているのは

自分だけであろうか。 


・・・などと、うっすら考えていたところ、課長の姿が一瞬消えた。

ふと隣の部屋を覗いてみると、一心不乱に大きめのデスクを移動中である。


「今日、私がこれから出張報告書を仕上げますから、Vickyさんはどうぞゆっくり

お休みください!」


と、もうかなり減ったんじゃないかと思っていた彼のエネルギーが

再度補給されたかのようなハリキリぶりである。


これ以上付き合っていては本当に身が持たないと判断し、適当に挨拶して去ろうとしたところ


「あ!っちょと待ってください!」

と、大慌てで引き止められ、手渡された デジカメ で、移動したての机に座った自分を

撮ってくれという。 


・・・机を移動したのは、どうも仕事の利便性を図るためではなく

座った自分が最も輝いて見えるであろう位置まで移動した

ということのようである。


てなわけで、最後の力を振り絞りシャッターを何度か切って、彼の満足した様子を

確認し、もし今後部屋のドアが何度叩かれようとも、あすの朝まで絶対に

起きない決意を固めて速やかに自分の部屋へ向かった。


He is still having adrenaline-fueled days...

Cheers,
Vicky

ポチット押してつかぁさい

人気ブログランキングへ

みんなの英会話奮闘記

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村





うらはら

「Noooooooooo!!!!!!!!!」

・・・人生において、ここまでNoをハッキリ言う機会もそうなかろう。



思いがけない気候の変化に対応すべく現地で購入したフリースが

課長と色違いのペアだった事から

アジアから仲良くやって来たカップル

と勘違いされていた事にやっと気づいた。


そして、この見た目には疑いようもない誤解を早急に解くため咄嗟に口をついて出た言葉は



「私は今確かに妊娠していますが、これは彼の子供ではあありません!」




・・・単に課長とは上司と部下以外の関係が一切ないということを伝えたかったのであるが

色んな部分を端折ってしまったため、受付嬢の表情が一気に混乱した様子となった。



「とにかく、階が違ってもいいので、部屋を別々にしてください。お願いします!」

と、最後の力を振り絞ってお願いしてみたところ、怪訝そうな顔をしながらも

同じ階の3つ隣あたりの部屋をもう一つアレンジしてくれた。


「あ~、もう既に喧嘩しちゃったかな、このカップルは」

と彼女に思われたかもしれないが、それならそれで良い。


てなわけで、やっと無事にチェックインが完了した。


That was a close call...!

Cheers,
Vicky

ポチット押してつかぁさい

人気ブログランキングへ

みんなの英会話奮闘記

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村


とんだ勘違い

思いがけない高級ホテルへの滞在に再度興奮状態となった課長であったが


「まだ、チェックインするまで、ここに泊まれるかわかりませんよ」


と若干クールダウンさせつつ、フロントへ足を向けた。


そのホテルのロビーは、ヨーロピアン調とでもいうような格式と

スタイリッシュさを兼ね合わせた、何とも心躍る内装に加え

あちこちの柱に、あふれんばかりの美味しそうなキャンディーが

どうぞお取りください、とばかりに備え付けられていた。

もし苦情係に却下された○ルトンだったら、課長はすでに腰が抜けた状態だったかもしれない。


早速フロントにクーポンを提示すると、かしこまりましたとばかりに

すぐ処理を進めてくれた。 ここまできたらほぼ安心である。


突然の訪問にも関わらず空室も問題なく見つかり、

「あちらのエレベータで○階へお上がりください。お部屋は○号室でございます」と

ひとつだけ 鍵を手渡された。


That's why we shouldn't have bought the same tops...

Cheers,
Vicky

ポチット押してつかぁさい

人気ブログランキングへ

みんなの英会話奮闘記

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村


ハイパー

ってなわけで、ようやく姿を現したホテルのシャトルバスに乗り

空港から約10~15分経過した時点で、ホテルらしき建物が

隣接した地域にさしかかった。


何となく推測してはいたものの一番に目に飛び込んできたのは、

割と小さめのバジェット・ホテル(低予算のホテル)である。

「まぁ、自腹を切らなかっただけましか・・・」

という無言のあきらめ感が課長と自分の間に漂った。


案の定シャトルバスがそちらへ方向転換したため、とっとと降りる準備を

し始めたところ、何故かす~っと通り過ぎ、更に1ブロック走った。


と、最終的にバスが停車したのは、


騙されたとしか言いようのない大型の割と高級チックなホテル である。


さすがの課長も、クーポンに書かれたホテル名との突き合わせを

たどたどしくも必死に行い、間違いないとわかるや否や

また一気にテンションが上がったようである。


Here he got hyper again...

Cheers,
Vicky

ポチット押してつかぁさい

人気ブログランキングへ

みんなの英会話奮闘記

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村





プロフィール

Vicky Japan

Author:Vicky Japan
英語を始めるにあたったきっかけから、現在に至るまでの記憶を可能な限りたぐりながら書かせてもらってます。

時系列でストーリーがつながってますので、こちらを初めてご訪問くださった方は、大変でしょうが、最初のページからご覧になられたほうが、奥歯にものが詰まったかのような不快感はないかと思います 笑

英語をはじめたきっかけは、こちらから ↓

http://vickyjapan.blog137.fc2.com/blog-entry-1.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。